お風呂の鏡の白い汚れ

お風呂のガラスはだんだん白いウロコ状の汚れが沈着して取れなくなる。
こうなってしまったお風呂のガラスは水をかけてもガラスの曇りが取れないし、乾燥した時に白く粉が吹いたようになり、清潔感が無い。
また、この汚れがあると鏡が水をはじき、油膜のようになって「姿を映す」というガラスの基本的な機能も大きく劣化してしまう。
しかし、お風呂のガラスを再び新品のように綺麗にしようと掃除をしても、お風呂用の洗剤やスポンジで拭いたくらいではこのガラスの白いウロコ状汚れは落ちない。
お風呂のガラスの白いうろこ状の汚れは
・水道水に含まれるミネラル成分マグネシウムやカルシウム
・石鹸・洗剤のカス
などのようだ。なかなか取れない。

久しぶりに以前ホームセンターで買ったダイアモンドパッドで鏡を掃除することにした。
ダイアモンドパッド

ガラス面を水で濡らしてパッドをまわすように掃除してゆく。
手の感覚で「ザラザラ」しているのがよくわかる。次第にこのザラザラ感による抵抗がなくなり、ツルっとしてくる。

お風呂のガラス磨き

また、ザラザラしたものが取れてくると水が白く濁ってくる。石鹸カスやカルシウムなのだろうか?
お風呂の鏡の掃除

鏡の掃除が完了すると、鏡の映りは見違える!
お風呂の鏡掃除完了後

お風呂の鏡の掃除の前、掃除後を比較するとこんな感じだ。
お風呂の鏡掃除・前後比較

水をかけてどのくらい水はじきが無くなったか、こちらの動画をどうぞ。

ただし、この後、鏡が乾燥するとまだ白い汚れが残っていたため、再度掃除した。
一度ではなかなかキレイに全部落とすことができないようだ。

今回のお風呂の鏡掃除は研磨によるものなので、鏡の材質や状態などよく考えてから洗浄必要だ。
http://www.chs.co.jp/products/diamondpad-s.html