お風呂の黒カビを何とかしようと、風呂のカビ取りに取り組んでいたが、

風呂のパッキンの黒カビに対して好成績を収めたジェルタイプのカビ専用漂白剤「ジョンソン 「ゴムパッキン用カビキラー」」、その後、第3回、4回、5回と再度塗ってみた。

風呂のカビ取り。最終段階。歴代の結果との比較。

お風呂のカビ取り。最終結果。

ジェルタイプのカビ専用漂白剤の第2回目で、あとちょっとだった黒カビの残る部分も、第3回、4回、5回の最後はかなり目立たなくなった。

カメラを通してみると、少し黒カビの黒ずみは残っているが、肉眼ではほとんど目立たない。

まぁ、このくらいにしておいてやろうということで、今回でテストは終わろう。

風呂のカビ取り。最後に。

風呂のカビ取りをやってみて思ったのは次のこと。

  • パッキンによっても違うかもしれない。パッキンの素材や塗布状態、乾燥の状態によって中の空洞や隙間の状態が違うのではないかと思う。今回、うちではジェルタイプのカビ専用漂白剤「ジョンソン 「ゴムパッキン用カビキラー」」が効果を発揮してくれたが、カビが根深かったり、パッキンとカビの出す色素?が結合しやすいとかがあると効果薄いのかもしれない。
  • カビの種類によっても違うかもしれない。カビに詳しくないが、まぁたくさんのカビの種類があるのだろうと思う。参考:Wikipedia カビ

    今回の黒カビ以外の種類だったらまた効果が違うのかもしれない。

    そういえば、以前住んでいたところは黒カビは発生しなかったなぁ。

  • やはり最終的にはパッキンを取り替える必要があるかも。お風呂のパッキンにも抗菌剤が含まれているらしいが、その効果も数年みたい。
  • さらにもっと大掛かりには10~20年に1度とかかもしれないが、風呂の改装をするとかが必要かも。今回は見えない部分のカビだったが、壁の向こう側や床下がどうなっているんだろうと思うとゾッとする。。
  • タイルの目地は最も汚れやカビが発生しやすい、ヤバイ場所らしい。できれば目地が無いお風呂がいいなぁ。
  • なんだかんだ言っても、やはりこまめに掃除することが重要。このテスト中も、水垢や、赤い部分が発生したりするし、浴室を使ったら早く掃除して乾燥させておくのが良いだろう。

再び風呂のカビ取りにじっくり取り組むことが無いようにがんばろう。。

 

2015年8月、2年後の状態をアップ。
パッキンの黒カビ掃除から2年経過、その後カビはどうなった?