iOS6 + iPhone5 で無線LAN接続(Wi-Fi)が遅い。自宅に戻って3G回線やLTEからWi-Fi接続になると、通信速度が速くなるはずだが逆に遅い。
Google版のYoutubeを見ていると、頻繁に中断されてしまって、見るに耐えない。
受信感度も途切れかけて見えることもある。
iPhoneのネットワークの設定をリセットすると良いとか、無線LANの暗号化にAESを使わないと良いとかいろいろな情報があるが、
なんで遅いのか良くわからなかった。
Wi-Fiキャプチャとかして詳しく調べてみようかと思っていたら、なんと、2012/12/18にアップルからiOS6.0.2 が出ていて、しかもWi-Fiに関わるアップデートのようだ。
アップデート内容の説明が1行のみであまり詳しく無いが、こういうアップデートこそうまく修正されているのかもしれない。

iOS6.0.2

About iOS6.0.2 Software Update
Fixes a bug that could impact Wi-Fi.

iOS6.0.2ソフトウェア・アップデート
このアップデートを適用すると、機能が向上し、問題が修正されます。主な機能向上と修正点は以下の通りです:
? Wi-Fiに影響を与える問題を修正
このアップデートのセキュリティ内容については、以下のWebサイトを参照してください:
<http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP>

早速、iOS6.0.1 → iOS6.0.2 にアップデートしてみて、しばらくWi-Fi接続の様子を見てみよう。
追記 今のところ、iOS6.0.2 でのWi-Fi接続順調です。
追記 やっぱりNG。次へ続く。