JenkinsをWindows10にインストールして、リモートgitリポジトリ上のプロジェクトをポーリングし、自動テストを実施しているが、どうもビルド実行やgitポーリングが遅い。
リポジトリのチェックが遅く、30~40秒くらいかかっている。

 > git.exe rev-parse --is-inside-work-tree # timeout=10
Fetching changes from the remote Git repository
 > git.exe config remote.origin.url ssh://git@host.testdomain.com/home/git/sample.git # timeout=10
Fetching upstream changes from ssh://git@host.testdomain.com/home/git/sample.git
 > git.exe --version # timeout=10
using GIT_SSH to set credentials 
 > git.exe -c core.askpass=true fetch --tags --progress ssh://git@host.testdomain.com/home/git/sample.git +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
ここで待ちが発生。

どうやら、git.exeのバージョンが関係していた様子。

C:\>"C:\Program Files (x86)\Git\bin\git.exe" --version
git version 1.9.5.msysgit.1

C:\>"C:\Program Files (x86)\Git\bin\git.exe" --version
git version 2.5.2.windows.2

git.exeを1.9.5から2.5.2にアップグレードしてみたところ git.exe -c core.askpass=true fetch --tags --progress ・・・ はすぐに終了するようになった。