Intel Atom Processor D525搭載のIntelマザーボードD525MWを使って省電力PCを作成中、CentOS5.6をインストールすると、リブート時に途中で停止してしまう現象に遭遇した。

shutdown -r 0
・
・
・
Restarting system.
・

※ 「Restarting system.」で停止してしまう。ごくたまに成功する。

2,3度再インストールしたが、改善されず困っていたら、なんと、IntelマザーボードD525MWのBIOSに問題があった模様。
BIOS Version 0074 - MWPNT10N.86A.0074.2010.1217.1730
About This Release:
・ December 17, 2010.
・ Integrated Graphics Option ROM: 2036 06/13/2010
・ LAN Option ROM:
o Realtek* PCI Express Gigabit Ethernet Controller Series
v2.35 (100614)
o Realtek PCI Express 10/100M Ethernet Controller Series
v1.24 (100710)
o gPXE 1.0.0
New Fixes/Features:
・ Updated legacy USB driver.
・ Fixed beep/blink failure.
Fixed Linux reboot failure.
・ Fixed issue where SMBIOS shows error in memory configuration.
・ Fixed issue where redundant characters show on the screen when
pressing hotkeys.
・ Fixed issue where DVD drive is not detected.

http://downloadmirror.intel.com/20077/eng/MW_0083_ReleaseNotes.pdf

対象のマザーボードはD525MW, D525MWV, D425KT, D425KTWのようである。
BIOS ver. MWPNT10N.86A.0069.2010.0913.1432から 0074 へアップデートを行ったら
正常にリブートできるようになった。

環境
マザーボード:Intel D525MW
CentOS release 5.6 (Final)