覚えていますか?306日前に注目されたこと。

306日前
2016年4月25日
月曜日
東京オリンピック開催に向けて、家庭でも取り入れたい「オリンピック教育」
このたび世界文化社文化より、『こどもオリンピック新聞』を4月20日に発売いたしました。 第1回のアテネから第30回のロンドン大会までのオリンピックの歴史やエピソード、その時代背景などを新聞形式でまとめています。 2020年のオリンピック開催に向けて、東京都も本格的に ... PR TIMES (プレスリリース)
急死の前田健さん「体調悪い」ロンハーのロケ中に医務室へ
歌手・松浦亜弥(29)のモノマネで知られ、「まえけん」の愛称で人気のタレント、前田健さんが26日午前1時36分、都内の病院で虚血性心不全のため亡くなった。44歳だった。葬儀日程は未定。24日夜に東京・新宿3丁目の路上で倒れ、心肺停止の状態で救急搬送されていた。 スポーツ報知
急逝の前田健さんに松浦亜弥がコメント発表 「モノマネ嬉しかった」
お笑い芸人の前田健さんが44歳の若さで急逝したことを受け、歌手の松浦亜弥さん(29)が2016年4月26日、所属事務所を通じてコメントを発表した。前田さんは「あやや」こと松浦さんのものまねでブレーク。04年にはテレビCMでも共演していた。 松浦さんは、前田さんが心肺 ... J-CASTニュース
東京五輪 新エンブレム 市松模様の「作品A」に決定
2020年東京オリンピック・パラリンピックの新たなエンブレムについて、大会の組織委員会は、最終候補の4作品の中から市松模様と藍色が特徴の作品Aに決めました。前例のない白紙撤回から7か月余り、大会のシンボルとなるエンブレムがようやく決まりました。 エンブレムの ... NHK
東京オリンピックエンブレム、A案「組市松紋」に決まる(画像)
2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は4月25日、公式エンブレムが最終候補4作品の中からA案に決まった。NHKなどが報じた。1万4599点の応募作品の中から選ばれた。 大会組織委は、4つの候補案についてネットやはがきで広く意見を募集。最終的に、 ... ハフィントンポスト
マエケンがイチローと初対面「格好良さに実力」
ドジャースタジアムでのマーリンズ戦、試合前。帽子を取り、直立不動で自己紹介するとイチローもサングラスを外し、右手を差し出した。「打ち方、守備、走塁、ユニホームの着こなし…。すべての格好良さに圧倒的な実力。そういうところに子どもの頃は引かれた」。デビューから無傷 ... 日刊スポーツ
マエケン、イチローとド緊張の初対面
【ロサンゼルス穐村賢】マエケン、憧れのイチローとド緊張の初対面! ドジャースの前田健太投手(28)が25日(日本時間26日)、マーリンズ戦前にイチロー外野手(42)と初対面を果たした。前田が登板する28日(同29日)の最終第4戦で初対決が実現するか注目だ。この日の ... 中日スポーツ
ハンセン病隔離法廷「差別助長につながった」 最高裁が謝罪
かつてハンセン病患者の刑事裁判などを隔離された療養施設などに設けた「特別法廷」で開いていた問題で、最高裁は25日、調査報告書を公表した。「社会の偏見や差別の助長につながった。患者の人格と尊厳を傷つけたことを深く反省し、お詫(わ)びする」と謝罪した。その一方 ... ハフィントンポスト
ハンセン病患者の「特別法廷」 最高裁が異例の謝罪
かつて裁判所がハンセン病の患者の裁判を隔離された療養所などで開いていた問題について、最高裁判所は「差別的に扱った疑いが強く、患者の人権と尊厳を傷つけた」とする報告書を公表し、異例の謝罪をしました。一方、有識者などから「憲法に違反していた」と指摘されてい ... NHK
「次はメジャーV狙っていく」野村敏京、米ツアー2勝目
2位に1打差と詰め寄られていた12番(パー3)。野村敏京(はるきょう)が放ったバーディーパットは、スライスラインを描いてカップに沈んだ。20メートル以上もあった。何度も拳を握り、「私、きょう優勝だと思った。入っちゃった、という感じ」。中盤の試練を抜け出した瞬間だった。 朝日新聞
加藤諒 「あっぱれさんま大先生」出演時のシビアな子役事情を明かす
25日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、俳優の加藤諒が、かつて出演していた「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)でのシビアな子役事情を明かす一幕があった。 番組では、加藤をゲストとして迎え、経歴などを話題に「しゃべくり」メンバーとトークを繰り広げた。加藤の ... livedoor
新・東京五輪エンブレムデザイナー野老朝雄とは?制作の裏側を探る
野老朝雄氏は1969年5月7日生まれ。東京造形大学建築専攻を卒業後、ザハ・ハディドやリチャード・ロジャースらを輩出したロンドンのAAスクールに留学したほか、建築家でアーティストの江頭慎氏に師事し、建築やアートの分野で活躍している。アメリカ同時多発テロ事件以降、 ... Fashionsnap.com
野老朝雄氏「頭真っ白」模様や柄デザイン専門46歳
2020年東京五輪・パラリンピック大会公式エンブレムに決定した「組市松紋」をデザインした東京都のアーティスト野老朝雄(ところ・あさお)氏(46)は25日、都内で行われた発表会見に出席し「頭の中が真っ白」と話した。卒業した東京造形大で建築を専攻も、模様や柄のデザイン ... 日刊スポーツ
まえけん死去 ファン「嘘だ」「なぜ死んだ?」
あまりにも突然の死に「嘘だ」「本当悲しすぎるよ」「若すぎる」「ちょっと!前健!!!!はやいよ!」「未だに信じられません」「衝撃過ぎてまだ頭と心の整理ができません」「涙が止まらない」「前健!!!!!!!なぜだ」「しぬなよ」「なぜ死んだ?」などファンの間でも動揺が広がっている。 シネマトゥデイ
多部未華子と窪田正孝に破局報道 ファンからは残念がる声も
好感度カップル」といわれていた女優・多部未華子(27)と俳優の窪田正孝(27)が破局していたと、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。 同誌では共通の知人を名乗る人物が「今年に入ってから多部さんの方から別れを告げた」と破局を証言し、その理由は多部に「好きな ... livedoor
多部未華子「別な好きな人」ができて窪田正孝と破局か
主演映画『あやしい彼女』が好評を博すなど絶好調な女優・多部未華子(27)だが、映画の番宣で出演したバラエティ番組での発言が波紋を広げている。 『さんまのまんま』(フジテレビ系)では「30(歳)まではちょっと遊びたいかな。いろいろな人と出会. 主演映画『あやしい彼女』が ... NEWSポストセブン