覚えていますか?346日前に注目されたこと。

346日前
2016年2月19日
金曜日
膠原病ってどんな病気? 酒井若菜さんが闘病を告白
25日発売の対談・エッセイ本『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)で、2015年初めに膠原病を発症し、同2月に診断されたことを告白している。 同書は、小説、エッセイ集も発表するなど作家としても活動する酒井さんが、芸能界で親交のある板尾創路、岡村隆史、佐藤隆太、 ... ハフィントンポスト
酒井若菜、病気に負けない エッセーで膠原病告白
膠原病(こうげんびょう) 全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症がみられる病気の総称。発病の原因は分かっておらず、体質、環境などいくつかの要因が重なって起こると考えられる。関節や筋肉の痛み、疲れやすく、微熱が続くなどの初期症状がある。女性に多くみられる ... 日刊スポーツ
義援金続々、78億円に…台湾地震から2週間 2016年02月20日 15時14分
【台北=向井ゆう子】台湾南部で起きた地震から、20日で2週間となった。 台南市の16階建てビル倒壊現場では、がれきが完全に撤去され、道路の再舗装も進んでいる。同市当局によると、これまでに内外から寄せられた義援金は、約23億台湾ドル(約78億円)に上ったという。 読売新聞
水川あさみ、菜々緒、沢尻エリカ……“悪女役”で評価される女優が増えた背景
記憶に新しいところでは、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(カンテレ)で執拗に主人公を追い詰めるクールな悪女 橘カラを演じた菜々緒や、『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ)で人間関係をかき回す可愛らしい小悪魔 毛利まさこを演じた紗栄子などが挙げられる。 リアルサウンド
メイプル超合金の安藤なつの刺青が映り込む? ネットで驚き
その出演者の1人である、お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつが登場した時のことです。彼女が目覚めると、服が捲くれた状態だったため、背中が丸見えに。そのため慌てて服を戻しましたが、カメラには腰回りに彫られた羽のような大きいタトゥーが、しっかりと映っていまし ... livedoor
停電で朝の京急ストップ、乗客殺到で入場制限も 2016年02月19日 12時02分
19日午前4時45分頃、横浜市の京急線戸部―上大岡駅間で停電が発生し、同線は横浜―金沢文庫駅間の上下線で始発から運転を見合わせた。 約2時間15分後の同7時に電気が復旧して運転を再開したが、通勤・通学時間帯のダイヤが大幅に乱れ、約3万人に影響した。 読売新聞
7駅で停電、3万人に影響…横浜
19日午前4時45分ごろ、横浜市の京急本線戸部(西区)−上大岡(港南区)間の7駅が停電し、出入り口のシャッターが開かなくなるなどした。 京急によると、約2時間後に復旧したが、始発から午前8時ごろまで上下2本が運休、50本以上が遅れるなどし、約3万人に影響した。7駅 ... 毎日新聞
漫画「キングダム」ネットに無断公開 無職男を書類送検 大阪府警
ファイル共有ソフトを使い、人気漫画「キングダム」をインターネット上に公開したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課と北堺署は19日、著作権法違反容疑で大阪府東大阪市の無職の男(30)を書類送検したと発表した。容疑を認めているという。 送検容疑は1月7日、自宅で ... 産経ニュース
松本人志が桂文枝の不倫疑惑を心配「新婚さんどうする」
写真週刊誌「FRIDAY」が報じた落語家・桂文枝(72)の不倫疑惑について、ダウンタウンの松本人志(52)が21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でコメントしずらそうに言及した。 番組冒頭で、「本来は僕は触れたくないんですが、どうしても(番組司会の)東野がやりたいと ... livedoor
桂文枝、不倫騒動を完全否定…第二の加藤紗里疑惑も
落語家・桂文枝(72)が20年に渡る不倫をしていた──2月19日発売の写真週刊誌「フライデー」では、不倫相手とされる演歌歌手の紫艶(しえん、38)のコメントおよび旅行先と思われる場所での2ショット写真が掲載されている。 デイリーニュースオンライン
モンストネカリ周回にもオススメ!ケン(進化)の評価
ドーモ、ヤマザキです。今回は『ストリートファイターV』コラボからケン(進化)をご紹介します。ケンは進化・神化ともに優秀な性能を持つため、どちらにしようか決めかねている人もいるのではないでしょうか。本記事と併せ、ケン(神化)の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 ファミ通.com
作家の津島佑子さん死去
作家、太宰治の次女で、NHKの連続テレビ小説「純情きらり」の原案となった小説「火の山-山猿記」などで知られる作家の津島佑子さんが、18日午後、肺がんのため、東京都内の病院で亡くなりました。68歳でした。 津島佑子さんは、作家・太宰治の次女として、東京・三鷹市で ... NHK
津島佑子さん死去、68歳 「火の山」 太宰治の次女
火の山」「笑いオオカミ」など、近代日本の精神を見詰め、生と死、家族など根源的なテーマの小説を書き続けた作家の津島佑子(つしまゆうこ)(本名里子(さとこ))さんが十八日、肺がんのため死去した。六十八歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長女香以(かい)さん。 東京新聞
訃報:作家の津島佑子さん死去68歳 太宰治の次女
1947年3月、東京・三鷹で作家・太宰治(本名・津島修治)の次女として生まれた。翌年6月、太宰は自死。さらに知的障害のある兄を、12歳の時に亡くした体験も後の小説執筆に影響を与えた。白百合女子大英文科在学中に同人雑誌「文芸首都」に参加し、69年「レクイエム」で ... 毎日新聞
作家の津島佑子さん死去 68歳 太宰治の次女
家族や人の生死といったテーマを突きつめた作家の津島佑子(つしま・ゆうこ、本名津島里子〈つしま・さとこ〉)さんが18日、肺がんで死去した。68歳だった。葬儀は近親者で営まれる。喪主は長女香以(かい)さん。津島さんは作家の太宰治の次女。 東京都生まれ。1歳のときに父 ... 朝日新聞