覚えていますか?722日前に注目されたこと。

722日前
2015年2月17日
火曜日
日本・千島海溝地震の想定見直しで初会合
4年前の巨大地震を受けて、国は、関東から北海道にかけての日本海溝と千島海溝で起きる巨大地震について、科学的に想定される最大クラスの巨大地震や大津波を再検討することになり、17日、専門家による検討会の初会合が開かれました。 都内で開かれた国の検討会の初 ... NHK
「日本海溝・千島海溝」地震、想定見直し着手
政府は、北海道から東北の太平洋沖に連なる「日本海溝」と「千島海溝」を震源域とする巨大地震について規模や被害想定の見直しに着手した。17日に発足した内閣府の有識者検討会が、来年3月をめどに最大クラスの地震と津波を含めた震度分布や津波高などを推計。 日本経済新聞
中国気象庁、ルーブル安で天気予報確率も落ちる
中国気象庁は世論の批判に答え、状況を説明している。ルーブルのレートが下がると、ロシアにおける気象調査費も縮小され、その結果、中国気象庁が天気予報の材料のために手にする情報が少なくなる。そんなわけでロシアの天気は中国の気温の変化に大きく影響するのだ、 ... VOR ロシアの声
イスラム国を刺激? レバノン出身ポルノ女優の“問題シーン”
問題の動画は、頭から白布をまとったミアが、白人男性の股間に顔をうずめているというもの。イスラム教の女性は「ヒジャブ」と呼ばれる頭と体を覆う黒い服を常に着用しており、このミアの行為がイスラム教を侮辱するのではないかと指摘されているのだ。中東の専門家はこう言う ... 日刊ゲンダイ
田中みな実アナが番組で必死に存在感をアピール 女性層の支持に懸念
元TBSアナウンサーの田中みな実(28)、タレントのホラン千秋(26)、フリーキャスターの新井恵理那(25)という青学トリオだ。番組MCを務める徳井義実(39)は、かねてより新井の大ファンであることを公言しており、共演者の後藤輝基(40)とSHELLY(30)は、冒頭からそれをネタ ... livedoor
明らかに計算がおかしい...ふるさと納税で貰える「芋焼酎1年分」は、一升瓶で×××本
同市のふるさと納税のお礼の特産品の特徴は、肉と焼酎に限定し、その中からいろいろ選べるようなセットが用意されている点だ。例えば1万円以上の寄付の場合は、肉は牛ステーキ肉や黒豚しゃぶしゃぶセット、鶏肉など10種類ほどの中から、好きなものが選べる。焼酎のセット ... Jタウンネット
マツコ・デラックス 初共演のさかなクンをベタ褒め「凄いわね」
17日放送の「マツコの知らない世界SP」(TBS系)で、マツコ・デラックスとさかなクンが初共演し、絶妙なかけ合いを見せる一幕があった。 番組冒頭、マツコはさかなクンのプロフィールを見ながら「なんか凄いわね、東京海洋大学客員准教授」と漏らした後「さかなクンさんです」と、 ... livedoor
さかなクンがマツコに勧める、魚料理のおいしい食べ方とは
東京海洋大学客員准教授・さかなクンが「美味しい魚の世界」を熱く語っていると、スタジオに100kgものマグロが登場。また、これまで500種類の魚を食べてきたというさかなクンは、美味しい魚と美味しい食べ方でふるまわれる旬の魚料理をマツコにお勧め。マツコが舌鼓を打った ... 日刊アメーバニュース
一気に大ブーム!「ブルーボトルコーヒー」が日本で受けた影響、与える影響
米国のコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が2月6日、東京・江東区の清澄白河で日本1号店を開いたことは、すでに耳にした人も多いだろう。オープンの話題はネットで広まり、初日にはコーヒー1杯を求めて2時間半の行列もできたという。 このコーヒーチェーンは、なんと日本 ... BLOGOS
蒼井そらを食う存在感」!? 中国人タレント・梨衣名、ビートたけしもツッコむセクシーアピール!
番組の後半には中国で絶大な人気を誇る元AV女優の蒼井そら(31)が登場したが、ネット上には「蒼井そらを食う存在感」「蒼井そらよりエロいかも」などといったコメントが寄せられている。中国出身ながら日本語のトークも流暢で、出演者たちのトークに割って入る姿も見せていた ... BIGLOBEニュース
カープ投手陣に質問。「黒田博樹に何を聞きたい?」
黒田博樹が帰ってきた。2月14日に帰国し、15日に広島入り。16日に広島市内のホテルで行なわれた復帰会見には、100人を超える報道陣が詰めかけた。地元広島の民放各局は生中継で会見の模様を放送するなど、広島が黒田フィーバーに沸いている。 同日、広島ナインは ... sportiva.shueisha
黒田博樹の入団会見に沸くファン SNSやネット掲示板では神扱い
8年ぶりに古巣広島カープに電撃復帰、16日に広島市内のホテルで入団会見を行った黒田博樹投手(40)。NHKを除く地元民放全4局が放送するなど、広島は“復帰フィーバー”に沸いたが、同時期に負けず劣らず異様な盛り上がりを見せていたのが、SNSやネット掲示板だ。 livedoor