覚えていますか?960日前に注目されたこと。

960日前
2014年6月19日
木曜日
スペイン敗退 チリにまさかの0-2 シャビ出番なし、守護神は7失点
B組で前回準優勝のオランダとチリが2連勝で1試合を残して決勝トーナメント進出を確定し、連覇を目指したスペインはオーストラリアとともに2連敗で敗退が決まった。チリはスペインに2-0で快勝し、オランダはオーストラリアを3-2で退けた。前回覇者の1次リーグ敗退 ... ZAKZAK
スペイン不名誉な敗退 パスサッカーの終焉か
サッカーW杯ブラジル大会1次リーグB組、前回南アフリカ大会優勝で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位のスペインがチリに0―2で敗れ、1試合を残して敗退が決まった。前回大会優勝国の1次リーグ敗退は5チーム目。敗退第1号は史上初という不名誉な記録となった。 東スポWeb
新型「コペン」、成功の鍵は「自分らしさの表現」にあり
ダイハツ工業は、軽オープンスポーツカー「コペン」をフルモデルチェンジすると発表した。新型コペンは、樹脂外板の着せ替えによって「自分らしさの表現」が可能なことを特徴としている。同社は、この「自分らしさの表現」をサポートすべく、さまざま施策を展開する予定である。 @IT MONOist
車も「着せ替え」しませんか ダイハツ、コペン発売
ダイハツ工業は19日、車体を好みの色や柄に「着せ替え」できる軽自動車の新型オープンスポーツカー「コペン」を発売した。着せ替え用外板の販売を通じて、クルマにも個性を求める人にアピールするとともに、「売っておしまい」になりがちだった新車営業の形を変えることも狙う。 asahi.com
ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦・得点できなかった理由をデータで探る
6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。ボール保持率は日本68%、ギリシャ32%(FIFA公式)、シュート数18本を放った日本。攻め続けながら点を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。 ハフィントンポスト
【動画】W杯ハイライト 日本対ギリシャ
【W杯ハイライト:日本対ギリシャ】 序盤からギリシャを押し込む日本は、大迫が回転をかけたシュートでゴールを狙う。しかし、これはわずかにゴール右に外れる。ギリシャMFカツラニスが大迫へのファウルでイエローカード。29分、本田の直接FKが枠をとらえるも、GKにセーブ ... サンケイスポーツ
日本対ギリシャ戦ハイライト
日本対ギリシャ戦ハイライト. previous; next. サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会1次リーグのグループC日本対ギリシャ戦が19日(日本時間20日)、ナタルで行われ、0-0で引き分けに終わった。 他のスライドショー:. 日本対コートジボワール戦ハイライト―サッカーW杯 ... ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
55歳の吉田鋼太郎にモテキ到来! 私生活では3度の離婚歴
元宝塚トップスター、安蘭けい(43)との熱愛が発覚した俳優の吉田鋼太郎(55)にモテキが到来している。 「シェークスピアが得意で蜷川幸雄舞台の常連。圧倒的な存在感で、今ごろ騒がれる方がおかしい」(ベテラン演劇評論家) とはいえ、お茶の間の知名度をぐっと上げたのは ... ZAKZAK
日本戦ツイート分析 日本―ギリシャ
ツイッター上で選手名や監督名が含まれているツイートを抽出して、そのツイート件数を画像の大きさで示しています。 画像が大きいほどその選手名や監督名を含むツイートが多いことを表しています。画像をクリックすると詳しい数字が見られます。 [関連記事] [全体の推移はこちら]. asahi.com
脱線事故の小田急線 全線で運転再開
小田急線は19日の脱線事故の影響で、新百合ヶ丘と相武台前の間の上下線と、江ノ島線の相模大野と大和の間の上下線で終電まで運転できず、20日朝も始発から同じ区間で運転できない状態が続いていました。 その後、事故車両の撤去が終わり安全が確認できたとして、 ... NHK
小田急線脱線、通勤の足に打撃 ポイント2つが破損
小田急電鉄の相模大野駅(相模原市南区)近くで19日に起きた普通電車(6両)の脱線事故は、20日午前6時に復旧作業を終え、約12時間ぶりに全線で運転が再開された。前夜からの運転見合わせ区間では始発が1時間余り遅れ、朝の急行の一部が運休。首都圏の通勤の足 ... asahi.com
ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦・得点できなかった理由をデータで探る
6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。ボール保持率は日本68%、ギリシャ32%(FIFA公式)、シュート数18本を放った日本。攻め続けながら点を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。 ハフィントンポスト
ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦・得点できなかった理由をデータで探る
6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。ボール保持率は日本68%、ギリシャ32%(FIFA公式)、シュート数18本を放った日本。攻め続けながら点を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。 ハフィントンポスト
データコラム:ギリシャ戦日本に足りなかったものは…
日本時間20日未明のキックオフとなったコートジボワール対コロンビアの結果を受け、日本代表はギリシャに勝たない限り1次リーグ突破の確率が著しく低くなることになった。 この日の先発はコートジボワール戦と変わったところでは、森重に代わって今野が入り、香川ではなく ... Goal.com