覚えていますか?879日前に注目されたこと。

879日前
2014年6月15日
日曜日
岐阜)コートジボワール人交え仲良く観戦 サッカーW杯
ついに迎えたサッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会での日本の初戦。15日、県内でも岐阜市などで試合を観戦する催しがあり、拍手や歓声、悲鳴が響き渡った。 同市日ノ出町1丁目の旧長崎屋前では、コートジボワールの子どもたちに靴を送り届ける活動をして ... 朝日新聞
ワールドカップでメッシがスーパーゴール【GIF動画】
Argentina's Lionel Messi celebrates scoring his side's second goal during the group F World Cup soccer match between Argentina and Bosnia at the Maracana Stadium in Rio de Janeiro, Brazil, Sunday, June 15, 2014. (AP Photo/Victor R. Caivano) ... ハフィントンポスト
ワールドカップでメッシがスーパーゴール【GIF動画】
Argentina's Lionel Messi celebrates scoring his side's second goal during the group F World Cup soccer match between Argentina and Bosnia at the Maracana Stadium in Rio de Janeiro, Brazil, Sunday, June 15, 2014. (AP Photo/Victor R. Caivano) ... ハフィントンポスト
コートジボワール代表ドログバ「日本はそれほど危険ではなかった」
ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。コートジボワール代表が2-1で勝利した。試合後、コートジボワール代表のディディエ・ドログバが試合を振り返った。フランスのラジオ局サイト『RFI』が伝え ... SOCCER KING
「気配りの男」集大成のタクトは 本田、揺るがぬ自信
チームプレーを重んじる日本とは異なり、結果がものをいう環境で確固たる地位を築くため、ひたすらゴールを狙った。本田に言わせれば「自分をすごいスピードで成長させてくれると実感を持たせてくれたやり方」。だが欧州でプレーする日本選手は少なく、代表では自身の「熱量」が ... MSN産経ニュース
【W杯】本田圭佑、なぜ後半に失速した? バセドウ病よりも深刻な問題とは!?
6月15日に行われた日本代表対コートジボワール戦。前半16分に本田圭佑のファインゴールで先制点を奪ったが、残り30分を切ったところで失速してしまい、まさかの逆転負けを喫する。 敗因として、ザッケローニ監督の稚拙な選手交代や、香川真司の不調。大迫勇也や遠藤保仁 ... TOCANA
イングランドに激震!? 担架で運ばれたコーチが緊急帰国
14日に行われたイングランド代表対イタリア代表で思わぬハプニングに見舞われたのが、イングランドのフィジカルコーチを務めるゲイリー・レーウィンコーチだ。1点をリードされて迎えた前半37分にFWダニエル・スターリッジが同点ゴールを奪うと、お祭り騒ぎとなったベンチ前で ... ゲキサカ
死の組で大波乱! コスタリカが前回大会4強のウルグアイに逆転勝ち
ブラジルW杯は14日、大会3日目を迎え、グループDのウルグアイ代表とコスタリカ代表が対戦した。前半24分にFWエジソン・カバーニのゴールで先制したウルグアイだったが、後半に入るとコスタリカが優勢に試合を進める。後半9分、同12分に立て続けにゴールを挙げて試合を ... ゲキサカ
「死の組」波乱!コスタリカ逆転勝利
しかし後半に入るとコスタリカが反撃に出た。9分、ガンボアの右からのクロスをファーサイドにいたキャンベルが左足で強烈なシュートをゴールに突き刺し、1-1の同点とした。 さらに後半12分、ボラニョスのFKでゴール前に入ったボールを、左サイドにいたドゥアルテがDFに絡 ... 日刊スポーツ
コロンビア大統領にサントス氏再選 課題は紛争終結
南米コロンビアで15日、サントス大統領(62)の任期満了に伴う大統領選挙の決選投票があり、サントス氏が再選を果たした。任期は8月から4年間。終盤にさしかかっている左翼ゲリラとの和平交渉で、約半世紀にわたる紛争を終わらせることができるかどうかが、2期目の最大の ... asahi.com
コロンビア大統領選、現職再選 サントス氏が勝利宣言
【サルバドル(ブラジル北東部)=宮本英威】南米コロンビアで15日、大統領選挙の決選投票が行われ、現職で2期目を目指したフアン・マヌエル・サントス氏(62)が勝利した。半世紀続く左翼ゲリラを巡る紛争への対策が争点だったが、サントス氏の再選で和平交渉が継続される。 日本経済新聞
戦略でも後手、そして魔の2分 ドログバに乱された守り
コートジボワールのエース、ドログバの投入だ。 188センチ、84キロ。2年前にチェルシー(イングランド)のエースとして欧州王者に輝いた世界指折りの屈強なFWはいま、故障明けで90分間プレーできない。だから「途中起用で流れを変えたかった」と相手のラムシ監督。日本は ... asahi.com