覚えていますか?1433日前に注目されたこと。

1433日前
2012年12月5日
水曜日
中村勘三郎さん早すぎる終幕 病魔に勝てず志半ば
平成の歌舞伎ブームの立役者、中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、本名波野哲明=なみの・のりあき)さんが5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため東京都文京区の日本医科大付属病院で死去した。57歳の早すぎる死だった。6月に食道がんを公表。手術後、肺炎を ... スポーツニッポン
中村勘三郎さん、57歳早すぎる死 歌舞伎界の革命児、道半ば
幅広い芸で知られ、歌舞伎の認知度を高めた歌舞伎俳優の中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんが5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のため、都内の病院で死去した。57歳だった。今年の6月中旬に、初期の食道がんが ... 読売新聞
【エンタがビタミン】「緊張で倒れそうだった」。FNS歌謡祭で石川ひとみと“まちぶせ”を歌った柏木由紀が心境明かす。
FNS歌謡祭のもうひとつの見どころに、観客席で円卓に座りステージを楽しむ共演者たちの姿がある。今年もジャニーズのTOKIOやV6が前列で歓声を上げて盛りあげていた。そんな大先輩方が座る円卓を前に、AKB48の高橋みなみは「ステージに立つと地獄…」と緊張を表現し ... マイナビニュース
AKB柏木由紀「FNS歌謡祭で石川ひとみさんと共演。緊張で倒れそうだった」
AKB48の柏木由紀(21)は12月6日(2012年)にブログを更新、歌手の石川ひとみ(53)と共演したFNS歌謡祭に触れている。石川と2人で「まちぶせ」を歌うことになり、「緊張しすぎて倒れそうでした」と明かす。歌いだしも心臓の音が止まらないほどだったという柏木だが、「もう ... J-CASTニュース