冬に植えたビオラだが、紫・白・黄色・紫と白の混合など鮮やかな色の花を咲かせて楽しませてくれたが、よく見ると種ができるものとできないものがある。

紫色の花のビオラ ビオラ(紫色)

たくさん種ができた
白色の花のビオラ ビオラ(白色)

ときどき種ができるが、紫ほどではない。
黄色の花のビオラ ビオラ(黄色)

全く種ができない。

黄色のビオラはホームセンターで「花付きが多い」というものを買ったが、なにか関係あるのだろうか。調べてみた。

開花するほうの花はほとんど結実することはなく、この「閉鎖花」のほうが、もっぱら結実して種族を残す役目を担っています。

ちなみにブランドもののパンジーには種子が出来ない
パンジーには種子が出来ないよう処理がしてあって、種が出来ません。

どうやら、うちの黄色のビオラは種子が出来ないよう処理してあるのではないだろうか?
結局、ビオラの種を採って,来年また蒔こうと思ったが、黄色ビオラは種が取れなかった…