2014/09/09にアップルから発表されたiPhone6、iPhone Plus。事前の噂が絶えなかったが、バッテリーや本体厚みの改善など以外に、個人的に期待していたのはサファイアガラス採用のことだった。
iPhone5は購入して6ヶ月ほどで一度落としてしまい、背面下部のガラスが割れた。
また、つい先月、さらに豪快に落として前面パネルを割ってしまった。
iPhone5 画面割れた

そのため、なんだか屈強そうなサファイアガラスがiPhone6、iPhone Plusのパネルに採用されるのかと期待していた。
iPhone6 iPhone6 Plus

アップルの発表では、iPhone6、iPhone Plusの前面パネルに関してはion-strengthened glass と言っている。直訳すると、ion-strengthened glass=イオン強化ガラス?だろうか?これはなんだろう?調べてみた。

New iPhone 6 and 6 Plus don't have sapphire displays, are they Gorilla Glass?

This means that the display glass has undergone a chemical process which causes sodium ions in the glass surface to be replaced by potassium ions, which are larger and strengthen the glass. This is the same process that Corning uses to produce Gorilla Glass, so it may be that the new iPhones use Gorilla Glass. If so, it is a bit telling that Apple avoided saying the brand name of the display glass.

このサイトによると、要するに従来と同じコーニング社のゴリラガラスのようだとしている。
※以下、Google翻訳による翻訳文。

これは、ディスプレイガラスは、ガラス表面でナトリウムイオンが大きく、ガラスの強化カリウムイオンによって置換させる化学処理が施されたことを意味する。これは、コーニングゴリラガラスを製造するために使用する同じプロセスであるため、新しいiPhoneのはゴリラガラスを使用している可能性があります。もしそうなら、それはAppleがディスプレイガラスのブランド名を言って避けた旨のビットである。

また、こういうことが伝えられている。
GTアドバンスト株が急落、サファイアガラスがiPhone6に不採用

今のところ、今回のiPhone6、iPhone Plusの前面パネルはサファイアガラスでは無く、従来と同じ素材のようである。
iPhone6、iPhone Plus購入時には、AppleCare+ for iPhoneに入っておこうかな。