このところ、自分のiPhone5のバッテリーの持ちが悪くなり、AMに100%で出かけても、夕方頃には30%くらいになる。しかも、iPhone5のバッテリー残量表示が30%を切ったあたりでiOSがシャットダウンしてしまう現象にもよく遭遇する。
残りギリギリまで使って欲しいのだが、バッテリーを完全に使い切って再充電したり、iOSを復元してみたりしたが、1,2度バッテリ8%あたりまで使ってくれたことはあったが、あまり効果は無い。
そのため、予備のモバイルバッテリに頼っていたが、なんと今頃Appleから、「iPhone5バッテリー交換プログラム」が発表された。
9/9にAppleのイベントがあるので、また、微妙なタイミングだ。
一応、iPhone5バッテリー交換プログラムページで自分のiPhone5が該当しているのかチェックしてみた。

iPhone5バッテリー交換プログラム 該当チェック結果

見事に該当している。

さらに、「iPhone5バッテリー交換プログラム」ページでiPhone5が該当していても、iPhone5の診断結果で修理必要でなければ、バッテリー交換してもらえないという噂がある。早速、「Apple サポートへようこそ」でiPhone5の診断をやってみた。

Apple サポートページからiPhoneを選ぶ。
iPhone5 バッテリーの診断01

修理とサービスを選び、バッテリーと電源を選ぶ。
iPhone5 バッテリーの診断02

下部の修理サービスを申し込むをクリック。
iPhone5 バッテリーの診断02-02

バッテリ、電源、及び充電を選び、バッテリーに関する質問/トラブルシューティング を選ぶ。
iPhone5 バッテリーの診断03

iPhoneに届くメールアドレスを入力し、続行する。
iPhone5 バッテリーの診断04

この画面が出る。iPhoneにメールが届くはずなので、iPhoneでメールを開く。
iPhone5 バッテリーの診断05

iPhoneにApple Supportから「iOS 診断」というメールが届くので、内容を表示し、「iOS 診断」を押す。
iPhone診断メール

iOS Diagnosticsアプリが開くので、簡易テストまたは詳細テストを押す。
iOS Diagnosticsアプリ

すると、ブラウザに診断結果が出る。
iPhone診断結果画面

なんと、「バッテリーに修理が必要である」が表示された。
やっぱり、バッテリーに何らかの異常が検知されているようだ。
※ ちなみに、もう一度「iOS 診断」をやってみたところ、今度は「バッテリーに修理が必要である」が表示されなかった。

普通は無償交換してもらえるはずだが、よく考えてみると...
iPhone5 画面割れた

つい先日iPhone5を落とし、前面のガラスを割ってしまった。その後、非正規店で8000円で修理してもらったのだが、これでAppleの正規サポートは受けられなくなっている。
Appleに修理に出して1週間iPhoneが利用できなくなったり、修理NGで帰ってきたりすることを考えると、別にiPhone5が全く使えていないわけでもないし、今回のiPhone5バッテリー交換プログラムに申し込むのは止めにした。
iPhoneが発表されるといううわさの9/9のイベントを待ってみよう。
次回、iPhoneを買うときは、Appleのサポートに入ったほうが良いかもしれない。