Mac mini (Late 2009) のメモリが足りない。
古いMac miniにOS X Mavericksをインストールしてみた。入るの?のように、Mac mini (Late 2009)にOS X Mavericks、Xcode 5,iOSシミュレーター,Google Chromeをインストールしている。
Chromeで技術情報を参考にしながらXcodeでコードを書くという普通のスタイルだ。
しかし、2GBのメモリしか搭載していないMac mini (Late 2009) ではあまりに遅い。
Chromeでタブを追加すると、どんどん重くなっていく。
Chrome←→Xcodeとかのアプリの切り替えを行うと、一呼吸以上の待ちが発生する。これは苦しい。
アクティビティモニタのメモリを見てみると、メモリが満杯だ。圧縮までされている。

mac_mini_2GB_system

macmini_2GB_activitymonitor

物理メモリ: 2.00GB
使用済みメモリ: 1.99GB
仮想メモリ: 2.34GB
スワップ使用領域: 0バイト
メモリプレッシャー: オレンジ色
アプリケーションメモリ: 997.4MB
ファイルキャッシュ: 347.2MB
確保されているメモリ: 277.5MB
圧縮: 160.2MB

Mac OS Xのメモリを解放?してくれるMemory Cleanとかもインストールしてみたが、若干マシになったものの、物理メモリ2GBではやはり根本的に少ないので、増設してみた。

mac_mini_opencover

増設したメモリはCFD D3N1066Q-4G (DDR3-SO-DIMM/DDR3-1066/4GB)。5000円弱。
本当は2枚で8GBにしたかったが、2枚だとうまく認識しないなどの情報もある・予算がないのでケチって1枚だけにしてみた。
標準の1GB 1枚を外し、4GBのものに変更し起動するとあっさり認識。1GB+4GBの2枚Totalで5GBだ。

mac_mini_5GB_system

開発環境一式を起動してみたところ、かなり快適になった!

macmini_5GB_activitymonitor

圧縮メモリも無くなったし、使用済みメモリもまだまだ余裕がある。

物理メモリ: 5.00GB
使用済みメモリ: 3.66GB
仮想メモリ: 5.0GB
スワップ使用領域: 0バイト
メモリプレッシャー: グリーン色
アプリケーションメモリ: 1.23GBMB
ファイルキャッシュ: 1.74GB
確保されているメモリ: 443.5MB
圧縮: 0バイト

これなら、なんとか2009年mac miniでも少しは使えそうだ。

このページが大変参考になった!感謝!
Mac miniのメモリとHDDの交換

Mac mini late 2009のメモリ増設してみた