twitterからyfrogにアップロードした画像が見れないと言われ、なんのことかと思っていたが原因がわかった。
PCのGoogle Chromeで見ようとしたら、「お使いのFlash Playerバージョンからエラーが検出されました。」という画面が表示される。

yfrog_Flash_broken

Google ChromeってFlashPlayerが入ってるのでは?なんで?と思って、Google Chromeのバージョンを確認したら最新だし、AdobeのFlashPlayerのサイトに行ってもアップデートなんかされない。

twitterで自分のアップした写真がなぜこうなるのか、勇気を出してこの画面をクリックしてみたら、regcleanのダウンロードサイトに誘導された。
regclean

よく見るとyfrogの右上に「Continue to the media」というリンクがあり、クリックすると自分の写真が見れた。
なんだい、広告だったのか...

yfrog

あやうく、regcleanをインストールするところだった...
これだと、写真を見てもらえなくなるので、twitterの画像連携サイトを変えることにしました。

以下、自分の使っているtwitterクライアントの設定です。

  • iPhone Tweetbot

    アカウントと設定

    設定

    アカウント設定

    イメージ

    yfrog以外 に設定。

  • PC Janneter
    右上の設定アイコン

    設定

    高度な設定

    画像アップロードサービスをyfrog以外に設定。

今回はTwitterの画像アップロードサービスを利用することにしました。