カビで黒ずんでしまったお風呂のパッキンをなんとかキレイにしたいと、パッキンの黒カビ部分にカビキラーをかけて2,3時間後にカビキラーを洗い流してみたらこうなった。・パッキン部分その1 真っ黒い箇所、カビキラー後
お風呂のパッキンカビキラー後

・パッキン部分その2 部分的に黒い箇所、カビキラー後その2
お風呂のパッキンカビキラー後2

最初の状態との比較

最初の状態と比較してみると、白い部分が増えたものの、完全に黒ずみを取り去ることはできなかった。さすがは風呂のパッキンの黒カビ。しぶとい。
お風呂のパッキンのカビとり

全く効果が無いわけではないが、やはり液垂れしてしまって、カビキラーの泡が大半流れてしまい、パッキンの奥の方の黒カビに浸透できないのだろうか。
泡をパッキンに留まらせる方法もありそうだが、ジェルタイプのカビ専用漂白剤に期待してみよう。

風呂のカビ取り、ジェルタイプのカビ専用漂白剤でカビを追撃

カビキラーでうまく取りきれなかった、風呂のパッキンの黒カビ、続いては ジェルタイプのカビ専用漂白剤を試してみた。
購入したのは、たまたまカビキラーと同じくジョンソンの「ゴムパッキン用カビキラー」
 ゴムパッキン用カビキラー

近所のドラッグストアで売っていたもので400円弱で売っていた。

早速、前回泡状のカビキラーでは取りきれなかった、パッキンの黒カビに塗ってみる。
ペンタイプになっていて、先端からジェル状のドロっとした透明の液体が出るようになっている。
お風呂のパッキンの黒カビをとる。ゴムパッキン用カビキラー塗布後

多少はドロンと流れるものの、パッキンに結構くっついている。これなら期待できそう。
このまま2~3時間放置してみた。

つぎへ続く。