お風呂の掃除は面倒ではあるが極力こまめにやっているつもりだ。
だが、お風呂のパッキンの見えづらい部分がカビで黒ずんでしまった。
黒カビなのか?見事に真っ黒。最悪だ。

パッキンが黒カビで真っ黒になった部分。

・パッキン部分その1 真っ黒い箇所
お風呂のパッキンの黒カビ01

・パッキン部分その2 部分的に黒い箇所
お風呂のパッキンの黒カビ02

こうなってしまうと、スポンジや洗剤で磨いたくらいでは全然取れない。

風呂のカビ取りで今まで試したことがある方法

風呂のカビをなんとか落とそうと今まで試みた方法があるが、どれもあまり効果がなかった。試したことがある方法はコレ。
・お風呂の洗剤
・ハイター(漂白剤)
・メラミンスポンジ
・重曹

パッキンの微細な隙間に黒カビが入り込んで色が残ってしまっているのか。
ここまでパッキンが黒カビで黒くなってしまった場合、キレイにする方法は、自分的にはもう次の方法しか無いと思う。
(1) カビ専用漂白剤
カビキラーとかのカビ用漂白剤。

(2) ジェルタイプのカビ専用漂白剤
カビキラーとかのカビ用漂白剤。通常のカビキラーは泡状の薬剤が出るが、ジェルタイプでは垂れないようにぬるぬるしたジェルになっている。

(3) 業務用のカビ専用漂白剤
通販等で入手可能な専用漂白剤。
ジェルタイプのカビ専用漂白剤と思うが、業務用なので市販品よりもっと強力なのか?

(4) パッキンを一旦剥がして、パッキン貼り直し。

「(4) パッキンを一旦剥がして、貼り直し。」 が一番キレイになるだろうが、今の住居は賃貸なのであまり手を入れたくないのと、マスキングなどをきっちりやる作業が苦手なので、これは最後の手段にしたい。

効果は弱い順だと思うが、順に(1)から試してみたいと思う。本当にキレイになるのか、記録しながらやってみよう。

風呂のカビ取り、カビ専用漂白剤でテスト開始

まずは手軽に、家にあったカビ専用漂白剤を使ってみる。
使ったのはこれ。
ジョンソン「カビキラー」
5分で根に効く、強力浸透成分配合という宣伝文句に期待してみよう。
カビキラー

早速、パッキンの黒いカビにカビキラーをかけてみた。
お風呂のカビにカビキラーをかけたところ

お風呂のカビにカビキラーをかけたところ2

カビキラーは泡状なので、単なる液体よりは流れにくいが、それでも塗布場所が壁、しかも斜めになっているパッキン部分だし、液垂れはしてしまう。
このまま2~3時間おいてみた。

次へ続く。