Linux(CentOS5) - Windows7 間の共有がとても遅い。

Linux→Windows7
mount -t cifs でマウント後、ファイルをコピー。
3MB/s程度しか出ない。

Windows7 →Linux
samba共有で転送。
こちらも 3MB/s程度しか出ない。

いろいろなネットワークのチューニングをしても改善なし。
変だと思ったら、自分の HDD→HDD でも遅い。


hdparm -t /dev/hda3でテストすると、

3MB/s程度である。

ん、なぜか hda3となっている。SATAはsdaと認識していたような。。
なぜ?
結局遅いのはここに原因があり、BIOSやらいろいろ設定してみたが、
次の「hda=noprobe hda=none」を追加で解決。
テスト結果、84.66MB/sまで改善されました。
/sbin/hdparm -t /dev/sda3
/dev/sda3:
Timing buffered disk reads: 254 MB in 3.00 seconds = 84.66 MB/sec

/etc/grub.conf

# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE:  You have a /boot partition.  This means that
#          all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#          root (hd0,0)
#          kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/sda3
#          initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.18-53.1.14.el5_sata)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-53.1.14.el5 ro root=LABEL=/ hda=noprobe hda=none
        initrd /initrd-2.6.18-53.1.14.el5.img
title CentOS (2.6.18-53.1.14.el5)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-53.1.14.el5 ro root=LABEL=/
        initrd /initrd-2.6.18-53.1.14.el5.img
title CentOS (2.6.18-53.el5)
	root (hd0,0)
	kernel /vmlinuz-2.6.18-53.el5 ro root=LABEL=/
	initrd /initrd-2.6.18-53.el5.img